■NINTENDO64のエミュレータ紹介

NINTENDO64について

正統なスーパーファミコンの後継機として登場。
発売はプレイステーションやセガサターンを始めとする次世代機の中ではもっとも遅い登場でした。次世代機がメディアにCD−ROMを採用する中、頑なにROMカセットにこだわった変り種の機種で、変わっているのはそれだけではなく、発売するゲーム内容の徹底的な審査もあったようです。それによりクソゲーの乱発も防止しようとする戦略だったのですが、おかげで発売当初は指で数えられるほどのゲームしかありませんでした。性能的にはセガサターンより表示ポリゴン数が少ないものの、独自の処理でポリゴンの少なさを目立たないようにしていたため、N64のゲームは独特な雰囲気をもったゲームが多かったように思います。(ポリゴンでありながらスーファミチックな。)しかしソフトの少なさから後発機としての性能を発揮することなく、プレイステーションにやぶれさった、電子ゲームで任天堂に初の敗北を味あわせた機種となってしまいました。現在は現役をほぼ引退。ゲームキューブに主力を移しています。エミュレータの特徴としては、他のエミュレータにくらべて「重い」「使いにくい」「音が割れる」とどれもにたような特徴をもっています。しかし音がぶつぶつ切れるのさえ我慢できれば、なかなかの再現度で楽しめるのではないかと思います。

以下にNINTENDO64エミュレータを4本紹介しています。
N64のエミュレータは他のエミュレータのように洗練されているものはほとんどありません。ここでは比較的完成度が高いエミュレータを紹介していますが、これからのVerUPに期待してご自分の環境にあったエミュレータを使用してください。もし、「これも性能いいよ〜」というエミュレータがあればぜひメール等で教えてください^^
※「UltraHLE」について
このエミュレータについてはVGAボードにVoodooを使用していなと操作が難しく、また不安定なことから掲載していません。しかしどうしても見てみたい場合は、
http://ultrahle.emuhq.com/を閲覧してください。
Project64 公式HP:閉鎖

 
現在のN64エミュレータの中では最も完成度が高いエミュ。
 動作ソフト、安定度どれもとっても他のエミュレータより一歩進んでいます。
 プラグイン方式をとっており、やや初心者には敷居がたかいところもあるが、プラグインの開発に
 よっては弱点を補える可能性があるので期待したいところ。
 このエミュレータも例にもれず「音」がぷちぷち途切れる。この点さえ我慢すればCeleeon800
 Mhzもあれば快適に動作をさせることができることでしょう。
 バージョンアップも盛んでこれから期待したエミュレータです。

Daedalus 公式HP:http://daedalus.boob.co.uk/

 
このエミュレータの特徴は軽さでしょう。
 PenVの500Mhzでもなんとかゲームをできることがあります。
 動作するソフトはProjecrt64に及びませんが、安定度ではエラーで止まってもWindowsに影
 響することは比較的少ないようです。
 プラグイン方式をとっているにもかからわず、プラグインの種類が少ないことやお約束の音のプ
 チプチがひどいことが弱点です。

Nemu64 公式HP:閉鎖

 
Project64と並ぶエミュレータだそうです。
 動作ソフトが比較的多く、再現度もかなり良いです。軽さに関してもDaedalusより軽いように感
 じました。安定度ですが普通に動作させる分には比較的安定しているようなのですが、エラーを
 出して止まった場合OSそのものも止まってしまう可能性があるようです。試されるかたはご注意
 ください。お約束の音ぷちぷちですが、比較的少ないように思えます。

1964 公式HP:http://1964emu.emulation64.com/

 
このエミュレータはいい感じです。
 PenVの500Mhz程度で普通に動作するゲームもあります。
 解説の音声も比較的プチプチが少なく、動作も試したエミュの中では一番軽いです。最近のパ
 ソコンで動作させればかなりの精度で動作してくれるのではないでしょうか?
 N64の操作はどのエミュレータもまったくといっていいほど同じですので他のエミュレータを使
 用したことがある人は違和感なく使えると思います。今後のVerUPが楽しみなエミュレータです。


※左側にメニュー(フレーム)が表示されていない場合はここをクリックしてください。