■ゲームエミュレータ必須のジョイコントローラ

エミュレータを使ってゲームをやる上で、その操作性は思ったより大事なものです。キーボードを使用してゲームをすることもできますが、せっかく実機と同じクオリティで動作するゲームがあるのですから使いやすいコントローラーを使っていきたいものですね。


コントローラーを購入する上で注意することは?
まずコントローラでチェックすべき所は、左側のキャラクタの移動等に使用する部分でしょう。形状としては『円形』『十字形』『スティック形』といろいろあります。『スティック形』はともかく、『円形』、『十字形』等の親指で移動キーを押さえるタイプは必ず『移動キーの裏側に凸部分があるかどうか』をチェックしましょう。これがないと、上キーと下キー(または左キーと右キー)を同時におした時どちらも押せてしまい、少し力の強い人でしたらすべての移動キーを同時に押すことになってしまい、非常に使い勝手が悪いのです。何個もコントローラを使用してきましたが、やはり使い易いのは上キーをONにしたら下キーがOFFになる(又は右キーを押したら左キーがOFFになる)コントローラだと思います。ファミコンやスーパファミコン、プレイステーション等のコントローラは十字キーの裏に凸がついており反対側のキーを同時に押せないようになっています。参考に見てください。市販品を買う上のでのチェック方法としては、上キーと下キーを同時に押してみましょう。同時に押し込むことができた場合はうらに凸がありません。逆に上キーを押したら、下キーが上がるような場合は裏に凸部分があります。次に、右ボタンの配置です。これはスーパーファミコン等の4ボタンのものと、メガドライブ等の6ボタンのものがありますので、自分が使用したいエミュレータにあわせて購入するのがよいでしょう。

お勧めコントローラ
外見 名称 説明・特徴
  MicroSoft
  SideWibder
         Pro
この中で一番値段が高い高級品です。移動キーの部分がアナログキーになっています。裏にはLRの2キーも配置されていてゲームには困らないでしょう。しかし移動キーが同時に上下左右押せてしまうため、イマイチ使いにくいです。
  Elecom
  JC−U612SV
ボタンの配置がプレイステーションのコントローラとまったく同じです。中央の2キーは左側が全方向のアナログキー、右側が上下のみのアナログキーになっています。残念ながら移動キーの後ろに凸がなく同時に押せてしまうのが弱点です。
  Elecom
  JC−U609SV
メガドライブエミュを使う上で最適なコントローラです。6ボタンキーのほかにLRキーもついており、キーの数では合格点でしょう。また、移動キーの操作感がかなりよく、激しくお勧めのコントローラーです。
  Sony
  Dualshock
誰もが知ってるPS用コントローラです。やはりこれに勝る使用感のコントローラはありません。「なぜPS用?」と思われるかもしれませんが、PS用のコントローラをパソコンにつなげるアタブターが2000円ほどで販売しています。この際買っちゃいましょう^^;



■ジョイコントローラに対応してないゲームはどうする?

「コントローラーはあるけど、エミュレータがコントローラーに対応してない」、「キーコンフィグがないから好きなキーに割り振れない」、と言うことはエミュレータを使っているとよくあります。(開発途上のエミュレータに多いです。)そんな時は諦めるしかないのでしょうか?いいえ!キーボードのキーをジョイコントローラに結びつける便利なツールがあります。このツールを使ってお気に入りのコントローラーで思う存分遊びましょう^^
キーボード<=>ジョイコントローラ関連ツール
JoyToKey Sneshoutの作者の方が作ったツール。使いやすい。 閉鎖
JoyAdapter DOSプロンプトにも対応している。 HP


※左側にメニュー(フレーム)が表示されていない場合はここをクリックしてください。